スクリュウの泉

by SATODAVIBRATION

/
  • Streaming + Download

    Includes high-quality download in MP3, FLAC and more. Paying supporters also get unlimited streaming via the free Bandcamp app.

      name your price

     

1.

about

前回までのあらすじ

ある日青年アキラは、新聞広告で占いの広告を発見しオーラルの館を訪れる。その館の主、江原はアキラには素質がありその能力を開花させるにはオーラルの泉に行く必要があるという。江原の不思議な能力を体験したアキラは共に泉を目指すことに。途中、幾多の困難を乗り越えダッシュ村にたどり着いた2人はバンドをしている青年達と出会う。メンバーの1人、国分は泉への入り口を知る男。国分も仲間に加わり、ついに一同はオーラルの泉にたどり着き、泉の聖霊、三輪の洗礼を受けたのであった。


           スクリュウの泉


オーラルの泉にたどり着いて1ヶ月。アキラは泉のそばの小屋に監禁されていた。理由はロックバンドをやっていたこと。江原の不思議な能力でアキラは過去を透視されていたのだ。ロックは世間を乱し若者を混乱させる悪魔の音楽だ。その音楽をやっていたお前は犯罪者だ!!そう三輪に言われたアキラは国分と江原から激しい拷問を受けシャンソンを歌うことを強制されていた。
初めのうちはアキラもそんな理不尽な理由でと抵抗していたが、休みなく振るわれる暴力と言われ続ける犯罪者という言葉によって次第に思考は停止し自らシャンソンを歌うようになっていた。
ここに来てどれだけたったのだろう。アキラは汚物まみれの小屋で鎖につながれ残飯を食べていた。ガチャっという音が聞こえドアがあくと国分が入ってきた。国分はアキラの頭を力一杯殴りつけると倒れこむ彼を何度も蹴り上げた。
この犯罪者め!!激しい暴行は一時間は続いただろう。息も絶え絶えのアキラを無理矢理起こすと今度はシャンソンを歌うよう強制した。アキラは必死に歌おうとするも激しい暴力のおかげで声がでない。そんなアキラに国分は、まだ抵抗するのか!お前は悪魔だ!歌わないなら殺してやる!!と顔を真っ赤にした。そして、心平ちゃん!と叫んだ。すると横にいた男が国分に包丁を渡した。包丁を突きつけられたアキラはすみません、すみませんとひたすら謝った。そんなアキラに国分は声が出るならシャンソン歌えー!!と包丁を振り上げた。殺される、、、、アキラが思ったその時!!バーンとドアが開くと何かが飛んできて国分が手に持った包丁をはじき飛ばした。飛んできたのはドラムスティック。ドアの先にはダッシュ村で会ったドラマーが立っていた。てめぇ裏切るのか!!国分がそう言うとドラマーはスティックを構え、おいおい、裏切り?最初からお前なんざ仲間じゃねぇよ、ロックにキーボードなんていらねぇんだよ!といい国分と仲間の男の頭にスティックを突き刺した。
男子ごはーん!!!!
国分と男はそう叫び死んだ。
あまりの出来事に震えるアキラの鎖を解くと男はこう言った。
はじめまして、、、じゃないよな?俺はドラマーの松岡。またの名をサイコメトラーエイジ!!
どうして僕を、、、?アキラが助けられた理由を聞くと松岡はこう言った。
お前の歌、聞こえてたぜ。お前にシャンソンは向いてねぇ。三輪と江原が来るかもしれない、歩けるか?逃げるぞ!!
アキラを抱えドアからでると、小屋の外には三輪と江原が立っていた。
お前らは悪魔だ!!私は天草四郎の生まれ変わりなのよ!!やっておしまい!!三輪が言うと江原が何やら呪文のようなものを唱えだした。うっ、、、松岡が声を漏らすと倒れこんだ。江原の能力のようだ。アキラは動けない。まさに絶体絶命。その時だ!!森の中からノースリーブの男が現れた。
お前らの霊感商法には飽き飽きしたぜ!!男はそう言うと肩に掛けた五弦ベースをブリブリと弾き出した。激しい低温で江原の呪文がかき消されると、意識を戻した松岡はスティックで軽快なリズムを叩き出した。そのリズムに合わせて歌も聞こえてくる。
雨ふられー恋にうたれー♪♪
長髪の男が森から現れた。その歌の主だ。やめろやめろー!三輪と江原は苦しそうにのたうちまわった。
明日はハレルヤー♪♪
三輪と江原は全身から血を吹き出して死んだ。
大丈夫か??男たちがアキラのもとに駆け寄った。そしてベースの男がこういった。お前がシャンソンの主か?いい声だったぜ!俺たちとバンドやらねぇか?
長髪の男が、お前が歌うなら俺はコーラスだなと笑った。アキラは泣いた。心の底から。
すると森の中からまた別の声がした。おい!俺の許可なしじゃ新メンバーは入れれねぇぜ。
アキラがとっさに身構えると、松岡が言った。安心しろ。あいつは城島。リーダーだ。
リーダーはアキラに歩み寄るとジッと目を見てこういった。
お前、ロックは好きか?
アキラは少し間をおくとコクリとうなずいた。リーダーはニッコリと笑うと、じゃあお前がボーカルだ。ドラムは松岡。コーラスは長瀬。ベースは山口。俺がギターだ。もう事務所も決まってる。ジャニーズってデカい事務所だ。先輩にはあのSMAPもいるんだぜ。バンド名は、、、そうだな、日本で一番になって世界に行くんだ。TOKIOってのはどうだ?
いいねぇ!俺たちにピッタリだ!長瀬が言った。アキラもとてもいい名前だと思った。
よし、グズグズしてらんねぇ。これから毎日スタジオだぞ、最初の目標は武道館だ!!おっと、その前に三輪と江原の死体を隠さなきゃだな!城島のリーダージョークに皆は顔を見合わせると声をだして笑った。
まるでバンドの結成を祝福するかのように夕日が空を真っ赤に染めた。オーラルの泉の水面に伸びた5人の影はユラユラと揺れた。



それから一年、、、、、、


もともと歌が下手くそだったアキラはバンドをクビになり地元にかえった。しばらくは昔の友達と大好きなモトリークルーをスタジオで演奏する毎日だったがプロへの道を諦めきれず単身渡米。NYで知り合ったエリックBとエリックB&ラキムを結成。オーラルの泉での経験をリリカルに綴った1stアルバムPaid in Full が大成功し歴史に名を刻むアーティストとなった。
一方のTOKIOはと言うと、アキラの脱退後、死んだと思われていた国分が心を入れ替え再びキーボーディストとして加入。結成当初とは方向性も変わりポップバンドとなったが、それが功を奏し大型新人として大々的にデビュー。
うわさのキッスの大ヒットはここから五年後のことである。

おしまい

credits

released January 26, 2017

produced by TIKATETSUDO

tags

license

all rights reserved

about

地下鉄道TIKATETSUDO Japan

D.I.Y D.I.Y D.I.Y

Welcom to Japanese
Underground Railload

super DOPE&FUNKY
music

TIKATETSUDO is fat beats produce group.

D.I.Y D.I.Y D.I.Y

全世界で二極化が進む中、都会暮らしか田舎暮らしか、現代人に科せられた究極の2択。その中で国籍、性別、年齢不問、岐阜の田舎を選択し集まった表現者達によって結成されたチーム。その名も地下鉄道。非営利と人類平等をテーマに現代社会のシステムに捕らえられた人々を解放する為、創作を武器にバビロンシステムと日々格闘中。地下鉄道の新しい世界観がJPOPサウンドに飽き飽きした君の心に癒しと刺激をもたらす事を約束します。
... more

contact / help

Contact 地下鉄道TIKATETSUDO

Streaming and
Download help